サマリーポケットの料金や使い勝手を徹底分析!お得なオプションや口コミ評判あり!

サマリーポケット

サマリーポケットはトランクルームサービスの中でも宅配という分類になります。

特長としては、

  • 料金が格安
  • アプリ等で登録して、箱詰めするだけ
  • 大手倉庫会社の倉庫を使うので安心
  • 衣類のクリーニングサービスがある
  • 布団のクリーニングと保管までやってくれる
  • ヤフオクに代理出品してくれる
  • いろいろな企業とのコラボがある

といったことがあげられます。

このサマリーポケットは、

  • 気軽に荷物を預けたい人
  • 倉庫まで荷物を持っていくのが面倒な人、できない人
  • ものが多すぎて広い家しか選べなくて困っている人

に特におすすめです!

今回はサマリーポケットの料金や使い勝手、セキュリティ体制等の特長をご紹介しながら口コミ評判もみていきたいと思います。


料金が安い

利用者からすると、最大のメリットがこの料金の安さです。

まず、初期費用は完全に0円です。
月額使用料でさえ初月無料です!

そして、月額使用料は一箱いくら、というとてもシンプルな体系。
スタンダード、エコノミー、ブックスの3つのプランがあり、それぞれのプランの中でも箱の大きさによって料金が変わります。
そして、取り寄せる際に送料がかかります。

箱の大きさは、立方体のレギュラー、横長のアパレル、レギュラーの約2倍の大きさのラージがあります。

まとめると下のようになります。(金額は税抜き)

  • 初期費用0円
  • 月額使用料250円~
  • 取り寄せ800円~

スタンダードプランの料金

レギュラー アパレル ラージ
月額使用料 300円 300円 500円
取り出し送料 800円 800円 980円
幅×奥行×高さ(cm) 38×38×38 60×38×20 68×47×35

スタンダードプランはその名の通り、サマリーポケットの中でも最もスタンダードなプランです。
スタンダードプランでは、

  • 預けたものを一点ごとに写真を撮影して、スマホやPCから見ることができる
  • ヤフオク出品やクリーニングなどのオプションが使える
  • 箱単位でなく、一点単位で取り出すことができる

といったメリットがあります。

ただ預けるだけ、であれば特に必要はないかもしれませんが、個別にアイテムを管理したかったりオプションサービスを使いたかったりするならばスタンダードプランがおすすめです。

オプションで用意されているヤフオクやクリーニングは衣類や小物と相性がよいサービスですので、このようなものをあずけるのであればぜひ使ってみて下さい。

エコノミープランの料金

レギュラー ラージ
月額使用料 250円 350円
取り出し送料 800円 980円
幅×奥行×高さ(cm) 38×38×38 68×47×35

スタンダードプランが1点ごとに保管するのに対し、エコノミープランは1箱ごとの管理となります。
ですので、1点ごとの写真データもありませんし、取り出すときも1箱単位になります。

衣類の衣替えや羽毛布団や毛布などといった季節ものを一括して預けたいときに向いているプランです。

ブックスプランの料金

ブックス
月額使用料 400円
取り出し送料 350円
幅×奥行×高さ(cm) 35×33×29

ブックスプランは、本やDVDなどを預けるときに役立つプランです。
スタンダードプランと同じようなイメージで、バーコードを読み取って1点ごとに管理をしてくれます。

取り出しは1,000グラム以内であれば、ゆうメールが使えますのでポストに投函でき、受取りに便利です。

アプリやWebから手軽に手続き

サマリーポケットは面倒な手続きを極力排除して、手軽に使えるようになっています。

iPhone、Android共にアプリがありますので、ダウンロードすればすぐに手続きができます。

これが貸倉庫タイプのトランクルームだと、契約手続きや初期費用の支払い、鍵の受け渡しといった煩雑な手続きが必要になります。

万全のセキュリティ

宅配型で安いから大したセキュリティじゃないんじゃない?とお思いでしょうか?
実は、私はそう思ってました。

調べてみると、それは全くの間違い!
むしろ大手の貸倉庫タイプのトランクルームと遜色ない万全のセキュリティです。

それもそのはず、サマリーポケットが組んでいるのは、倉庫業界老舗の寺田倉庫なんです。
寺田倉庫はワインや美術品といったデリケートかつ高価な物品の保管を得意としています。

当然、生半可なセキュリティでは許されるものではありません。

有人管理、機械警備、各種防犯設備監視カメラ、人感センサー、外周セキュリティ等、多重のセキュリティシステムを組み合わせた高レベルのセキュリティシステムを採用しております。専用保管庫において、出し入れが可能なのは専門スタッフのみで、お客様も立ち入ることはできません。

ちなみに、寺田倉庫はこんなところです!

防湿防カビのための対策

セキュリティのところでもご紹介した通り、寺田倉庫の保管物は主にワインや美術品です。

これらは、温度や湿度の変化にはとても敏感なものばかり。
美術品にカビなどはやそうものなら、倉庫の信頼はがた落ちですよね?
そんなことが無いように、温度管理、湿度管理は万全なのです。

これは、実は大手の貸倉庫よりもクオリティが高いんですよ。
例えば、ハローストレージは大手の屋内型倉庫ですが、基本的に常温です。

対して、サマリーポケット(寺田倉庫)の保管状況はといいますと保管温度は10~28℃、保管湿度は40~65%の範囲内で管理されています。
温度が上下しているのは、外気温との差を少なくし、急激な温度変化を避けるためであえてそうしているのです。

万が一の時の補償はどうなっている?

荷物の保管には万が一の事故が心配です。
安いからそこら辺の補償はさすがにイマイチなのでは?と思われるかもしれません。

保管中の事故については、1箱につき1万円の補償があります。
確かにここは、残念ながら大手と比べると手厚いとは言えないですね。
大手の倉庫でそこまでひどい事故が起きるかと言われると可能性は低いですが。

スタンダードプランではオプションが豊富

スタンダードプランでは、ヤフオク出品代行、クリーニング、衣類のハンガー保管、靴のリペアなどのオプションが選べます。

ヤフオク出品代行

サマリーポケットに預けている荷物を、ヤフオクに出品してもらうことができます。

しかし、これ自体はよほど高価なものを預けていない限りは使えないのではないかなと思います。

その理由は手数料と取り扱いブランド。
手数料の下限が意外と高く、1,500円以上で売れないと儲けが出ません。

おまかせヤフオク!出品 ご利用手数料

落札価格(1点あたり) 出品代行手数料
300,000円〜 10%
100,000〜299,999円 12%
50,000〜99,999円 17%
20,000〜49,999円 22%
10,000〜19,999円 28%
5,000〜9,999円 30%
1,500〜4,999円 一律1,500円

出典:サマリーポケット

さらに、衣服の場合は取り扱いができないブランドが多数あります。
詳細は、公式サイトへリンクを貼っているのでご確認ください。

109系のブランドやユニクロやH&MなどのファストファッションがNGなので割と出品内容が限られてきます。

ヤフオク出品代行は、今のところ「そういうサービスもあるんだ」くらいに考えておいた方がよいでしょう。

サマリーポケットのクリーニングのお得な使い方と料金

おすすめしたいのが、クリーニングとハンガー保管。

季節ものの服を預ける時に、サマリーポケットでクリーニングもしてしまってからハンガー保管をするとお得になる可能性があります。
サマリーポケットのクリーニングは、高級ブランドやドレスなど、一部取り扱いできない衣類があるものの、アイテムを問わず料金が一律です。
また、衣類を全て箱から取り出して、ハンガー保管にするとアイテム数によっては保管料が安くできます。

サマリーポケットのクリーニング料金は以下の通りで一律です。

  • スタンダードコース(水洗い+シミ抜き)620円
  • プレミアムコース(ドライクリーニング+シミ抜き)880円

これが一律なので、冬物のアウターやスーツなどをクリーニングしてもらえば、クリーニング店よりもかなりお得です。
例えば、クリーニング大手の白洋舎は、コートは一番安いコースでも1,900円はしてしまいます。
これであればサマリーポケットのプレミアムコースを選んでも半額になりますね。

これって実はすごくないですか?
クリーニング店に持ち込む手間もなく、保管の手間もなく、それでいて格安でクリーニングから保管までできてしまう…。

しかも、サマリーポケットでは、なんと布団のクリーニングまで手がけているのです。
料金はこんな感じ。

布団 1枚4,000円
毛布 1枚2,000円
敷きパッド 1枚2,000円

サマリーポケットの布団クリーニングの詳細はこちらの記事で紹介していますので、気になる場合は合わせてご覧ください!
大手クリーニング店や最近シェアが伸びている宅配クリーニングとの比較もありますよ!

ハンガー保管で保管料を節約!

ハンガー保管は1アイテム当たり60円です。
もし、冬物のコートやジャケットなどかさばるものが多く、ラージボックスを使わざるを得なかった場合は、8アイテム以内であれば全てハンガー保管にした方が保管料が若干安くなります。

  • ラージボックス 500円
  • ハンガー保管 60円×8アイテム=480円

ただし、1点でも箱に入っていると、1箱とカウントされてしまい、引き続きボックスの料金がかかってしまいます。
ハンガー保管で保管料を節約しようとする場合は、箱の中のものを全て出すようにしましょう!

多数の企業とコラボしている

サマリーポケットは多数の企業とコラボして、お得なサービスを打ち出しています。
たとえば、大手書店の丸善ジュンク堂書店とのコラボで、ブックスプランをお得に利用できるサービスを展開したり、家事サービスのカジタクと連携してお得な料金を出したりしています。

サマリーポケットと提携している企業についてはこちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

サマリーポケットのデメリット

メリットばかりと思えるサマリーポケットにも2つのデメリットがあります。

  • 箱に入らない大きなものは預けることができない
  • 自分で預け入れ、取り出しができない

最大のデメリットは何といっても、大きなものが預けられないということでしょう。
箱が指定されている関係で、箱に入るものしか預けることができません。

ですので、ゴルフバックやスノーボード、冷蔵庫などの大型家電や家具などを預けたい場合はキュラーズなどの屋内型や屋外型の倉庫を探すしかありません。

また、自分で預け入れ、取り出しができないというのも地味にデメリットです。
頻繁に出し入れしなければ問題はないのですが、何らかの事情で預けているものが急に必要になった、などといった場合でも自分で取りに行くことはできません。
これは、宅配型の便利さの裏返しですね。

サマリーポケットの口コミ評判

さて、実際の利用者の口コミはどうなっているでしょうか?
Twitterからまとめてみました。

やはり、冒頭の動画でもあったように、物が多いから収納が多い部屋を探さなければいけない、というのはナンセンスだと思います。
我が家も収納がほとんどないのですが、その分家賃は少し安いという感じです。
収納がほとんどないので、ものであふれかえってしまっているんですよね。
で、物置用にもう一回り大きい家を探すのも馬鹿げてるし、それに家賃が1万円、2万円上乗せなんてもっと馬鹿げています。

そういう時に、こういうサービスは役立ちますよね。

また、サマリーポケットのサービスを端的に表しているツイートがこちらです。
どれもIT分野で勢いのある企業です。

まとめ

サマリーポケットの特長と口コミ評判をまとめてみました。
こうしてまとめてみると、大手の高額な貸倉庫に預けるのを躊躇していたユーザーにもアプローチできそうなサービスです。

料金は格安で気軽に預けることができますし、何よりも面倒な手続きがないというのも従来の倉庫とは一線を画しています。

ものであふれかえっていて、少しでも減らしたい、だけど捨てるのはちょっともったいないというような人もぜひ検討してみて下さい。

公式サイトで預ける
サマリーポケット

コメント